体操も楽しく

理学療法士さんとスタッフが組んで、レクリエーションとして体操を行いました。
杉並のデイサービス 空の花では、生活の全てがリハビリテーション。
定期的な理学療法士の評価と指導の元、全スタッフが個別機能訓練をプログラミングでき、一つ一つの生活場面が全て個別機能訓練となっています。
この日は自立支援には不可欠な、歩行と排泄のために大切な筋肉とは?というテーマで笑い声が絶えないレクリエーションタイム。
いつもお世話になっている、一般社団法人変わる!介護の理学療法士 森惣次郎さんと、スペシャルゲスト 同じ変わる!介護の 山本恭平さんのお二人がご協力下さいました。
関わる全ての人が互いに支援し合う。これが空の花のリハビリテーションです。

菜の花畑で屋外歩行

デイサービス空の花にも春が訪れています。

この日は近くの菜の花畑まで屋外歩行訓練に出かけました。

歩行が困難に方もいつもより長い距離を歩くことが出来ました。

個別機能訓練の目標が他者との交流であったり、会話やコミュニケーションを増やすことにある方も、訪れた地域の方との触れ合いがたくさんありました。

皆さまのお顔が明るく会話もたくさん。この後も、職員が代わる代わる 季節にちなんだ機能訓練の工夫を企画しています。

姿勢改善


空の花では、痛み除去や歩行状態の改善のために、様々な方法で姿勢改善を行っています。

この女性は、背骨の湾曲と腰骨のずれのため、立位を取ると股関節が伸びず、膝も屈曲したままで歩行されています。

通所され始めた頃よりかなり改善されていふものの、朝の来所時には1.2枚目のような状態です。

この日は呼吸法と併せていくつかの運動をしていただき、その後ベッドにて筋肉をほぐし、関節を柔らかくする施術を行いました。これにより骨の位置も変わってきます。

施術は全く痛み無く、お客様はとにかく「気持ちがいいです」「身体が温まってきました」とニコニコ。終えると3枚目の写真のように立位がスッキリ。背中の上部と足の伸びに大きな変化があります。

歩いてみると歩幅が大きくなり、ふらつきが軽減します。


こうした変化を見ると周りの方が「変わったわね」「良かったわね、顔色もいい」など声をかけて一緒に喜んでくださるのも、空の花の特徴です。

継続していくことで、姿勢改善はもちろん、痛み軽減や歩行状態の改善効果は定着してきます。