硬く握ったままだった手が


麻痺のリハビリを行なっている女性です。
左側麻痺で、腕は自由になりません。
手首が内側に曲がり、指先は硬く握られたまま殆ど開くことが出来ない状態で通所を開始されました。

しかし空の花の、痺れや痛みを除去し、筋肉を緩め、柔らかくしていくと同時に、意欲を高めていくことを重視したリハビリを継続される中で、わずか2ヶ月でこのように指先が柔らかく開きはじめました。

手首も関節が緩み、手を添えると真っ直ぐに近く伸びるようになっています。
毎日少しずつですが変化し始める腕に、この女性は今、会話も増え、活動意欲もどんどん高まっておられます。
どんな方でも、どんな状態でも必ず回復、改善を目指していくのが、空の花のリハビリです。

「空の花」のスタッフに聞いてみました 第3弾

新年から連載中のスタッフインタビュー第3弾は、一生懸命な生き方が笑顔から伝わってくる、上原育美さんです。

「「空の花」のホームページなどを見て魅力を感じて、どんなところなんだろうとドキドキしながら「空の花」に来ました。その時、やさしい、あったかい空気が流れている場所だなと感じたのをよく覚えています。2017年7月です。

「あったかい」と感じた理由のひとつは、お客様同士の関りにあると思います。

例えばこの間、精神的な症状がおありのA様がデイの中をあっちこっち歩き回っておられたとき、年長のB様が「しっかり歩けてるね!」など声掛けをしてくださっていました。
「あの人は褒めれば褒めるほどいいのよ」って、私よりも声のかけ方の「コツ」をわかっていらっしゃる。(笑)
A様がゴミ箱からごみを出してしまった時も「駄目よ、ああ、でもやってみたいのね」と、見守りつつ諭してくれるような、私たちにはできない温かい声掛けをしてくださる。
私たちの声掛けだと怒ってしまわれることもあるA様も、ずっと年上の、お母さんみたいなその方の言葉は、素直にお聞きになるんです。

そのA様は、ほかの方とお菓子作りをしているときなど、それに参加はできないけれど、見て楽しむことはできるんです。
B様はそれをわかっていて、「いい子にしてたからお菓子をちょっと味見させてあげる」と食べさせてあげていて、B様も「ありがとう」と嬉しそうにもらっておられました。

そうやって、私たちが何とかするのではなく、自然にA様がB様を場の中に入れてあげようとしてくださる。
年の功ですね。いろんなことをちゃんと見ていてくださっている。

こんなふうに、お客様同士のつながりが濃くて温かいところはこれまでの施設経験ではなかったです。
支えあうって難しいと思いますが、「空の花」ではそういう関係が出来ていくんだと思います。

もうひとつ「空の花」の「あったかい空気感」の理由は、ミスを恐れず働ける職場だと感じるところですね。
「自分のわがままを通せる」ということではなくて、もし何か失敗してもみんなでフォローしてくれる。それだけでなく、どうしたらできるようになるかを一緒に考えてくれる場所だということです。

実はわたしは、介護の中でアロマを使ったハンドケアをやりたくて、資格も少しずつ取っています。アロマハンドケアをすると、お客様の表情が明るくなり、笑顔が増え、言葉もたくさん出るようになります。顔が曇っていたり、気持ちが不安定な方の改善になると思っています。

でも、ハンドケアは一対一なので、自分がそれをやっているとほかのスタッフに負担をかけてしまうのでは?と不安だったんです。
それでこれまでは「やらせてください」と自分からはなかなか提案できずにいました。

今はみんなが応援してくれているし、これをやることで認知症の症状などの改善に繋げられるということに、自信が持てるようになりました。フロアリーダーに「今日やってもいいですか」と確認して、迷わず実施することができます。それに、リスク管理の面で仮にあとから、ハンドケアの対象者のご家族が「アロマなんてやってほしくなかった」などの苦情がきたとしても、必ず管理者さんや社長たちが守ってくださる、フォローしてくださると思って、それで安心してできるところもあります。

今日は、若年性アルツハイマーの方にハンドケアを実施しました。
「アロマを使う手のマッサージをさせていただきたいのですが、いかがでしょうか。」と話しかけると、普段会話が少なく、会話をしても意味がなかなか通じ合わないかたが「いいですよ」と非常にクリアに返事をしてくださり、ハンドケアをしている間もずっとしっかりと会話ができました。
一対一で向き合おうとすることに、反応してくださったのかもしれません。
終わった後、「ご帰宅前も言葉がとてもはっきりしていた」と他のスタッフさんからも報告をいただきました。
そういういろいろな発見もできて嬉しかったです。

これからは、他にも自分ならではのレクリエーションの企画をしたいです。あとは、最近入浴拒否がだんだん強くなっているO様に、他のスタッフさんと連携してなんとか楽しく入浴していただけるような攻略法を計画して、挑戦したいです!だって、清潔を保って長生きしていただきたいし、入浴のお誘いが成功したときは、入らないとおっしゃったのがウソのようにすっごく喜んでくださるんですよ(笑)

私にとって「空の花」は、こんなふうに信頼できるスタッフさんたちと一緒に、失敗を恐れず、どうしたらこのお客様はもっと良くなるんだろうということを自分で考えて実践できるところ。
チャレンジできる職場なんです。」

ワクワクしている想いが溢れてくるような、すてきな笑顔で話してくれました!

「空の花」で働くスタッフに聞いてみました第2弾


スタッフへのインタビュー、第2弾です。
一色敬子さん、柔らかな笑顔が魅力的なリーダーです。

「1日の勤務を終えると、「よかったな」「濃いな」と思います。(笑)

例えば今日はベッド施術をしましたが、皆さま、見るからに姿勢が改善したり、痛みが取れたりして喜ばれる。

それを含めた個別機能訓練Ⅱが、毎日本当に充実していると思います。
フロアの中心で自発的に家事訓練や運動をなさる方がいて、一方ではベッド施術を受けている方がいて・・・傍らでその記録をどんどん取ってくれるスタッフがいる。

そんな周囲の様子を見て、今朝、着いてすぐ「もう帰ります」と何度もおっしゃっていた新規のお客様が「何かわたしも・・・」という気持ちになってくださった。
家事訓練を自分から「やってみるわ」と、意欲を持って言ってくださった。こちらが「やってください」と言うのでもなく「仕方ないからやる」でもなかった。
しかも、そのあとでテーブルの茶わんなどを見て「これはどうするの?」と、ご自分で考えて聞いて、どんどん動き始めてくださいました。これ、すごいと思いませんか?

この方は自宅からもふと出て行ってしまう、いわゆる「徘徊」でお困りの方です。
でも今日の午後はずっと自分で積極的に活動されて、私が他のお客様と一緒に活動できるようにちょっと促しをしたら自分からどんどん他のお客様とも関わっていました。
帰宅の送迎案内をしたときに初めて「それではお先に失礼します」と言ったときは、「やることをやり終えた」という感じでした。しかも黙って出ていくのではなく「お先に」ですよ!
これからこのお客様は「化ける」と思います。(笑)
すごく改善するっていう意味で。

2017年10月、入社から今日まで、もう5年くらいいるように濃厚です。
前の施設の経験では、お客様のことは全てお世話するのが当たり前だったけれど、ここでは真逆。自立支援って、自分が関わって、お客様がどんどん良くなっていくんだとわかってびっくり。それをサポートできるっていうのが嬉しいし、毎日実感できる。視点が全然変わりました。
しかも、当初に比べるとこの1年くらいで、改善や回復のミラクルをものすごくたくさん目の当たりにするようになりました。毎日どんどん変化が起きるから、時間の流れが速く感じるんです。

まさかここで自分がリーダーになるなんて思ってもいませんでしたが、今は危機管理だけでなく、一人一人のお客様が満足されたかどうか、目配りもできるようになってきたかなとちょっと思っています。(笑)
そしてとにかく、スタッフみんなの力がものすごく上がっていると思います。

私が「空の花のいいところ」だと思うのは、常に新しい何かがあって目標を持っていられるところです。

今の目標はたくさんあります。知りたいこと、学びたいことがたくさんあります。
ひとつあげるなら、ベッド施術。

例えば今日は、一週間ぶりにお会いして背骨の湾曲がきつくなっていた方の姿勢改善を、理学療法士さんに聞いた方法で自分でどこまでやれるかチャレンジしました。すごく結果が出て喜ばれた。
冷えに悩む方は、もう一つの悩みである痛みに関してはもうかなり回復してきていることもわかった。今後は足浴をしたいなとか、席の場所を工夫して冷えないようにしたいなとか。そういういろいろなことに気づくためにも、コミュニケーションしながら心身のアセスがしっかり取れる。そういうところもベッド施術のいいところ。

今後はどんな症状にも対応し、改善してお客様に喜んでいただけるようなベッド施術を極めたいです!!」

話しながら「楽しくて仕方ない!」という思いと同時に、
施設リーダーとしてフロアを見守る頼もしさも感じました!

「空の花」で働くスタッフに聞いてみました

「空の花」のスタッフに、仕事に対する思いを聞いてみました。
大津至時さん。朗らかで心の熱いスタッフです。

「2016年の9月から空の花に来ました。
デイサービスとしてお客様へのサービス内容もどんどん進化して今日に至るけれど、最初に「空の花」に来た時のわくわく感と今、あんまり変わりません。

嬉しいのは、ケアの成果がちょっとずつ出てきているのが見えること。

例えば、一年かけてずっと取り組んできたAさんの入浴。
1年前に「できるようになるんじゃないか?」って思って、取り組んでみたいと会社に提案しました。
重度の麻痺のあるAさんは、以前はシャワー浴が主でした。
浴槽にたまに入れても腰までだし、二人がかりでやる重労働だった。
それがいろんな工夫をして、今では一人で、誰にでもできるようになった。
これは信頼関係とケアの工夫、身体的なリハビリの成果が総合的にちゃんと出ていると実感できる体験。

自分たちがやっているケアの成果が、こういうふうに見えてくるのが嬉しいです。

そもそも介護の仕事をスタートしたときには、その日一日を安全に、無事に過ごしていただくことばかり考えていた。
けっこう怖かったです。

介護の仕事を始める時には、自分なりに「こうやったらうまく介護できるんじゃないか」というイメージがあったんです。
でも実際は日々をとにかく安全に過ごすことに精いっぱい。
それは「賽の河原」という言葉が一番ぴったりだった。
せっかくケアを積み上げてきて、もうちょっとできたらここまでいけるというところを目の前にしては全てガラガラ崩れ去る。みたいな。続けていられなくなりました。身も心も、です。

空の花に最初に来たときは、その職場にいた時の「休みの日」に来たんですね。
本当だったら翌日早番っていう日は、ぜっったい何もしたくない。(笑)
体を休めるのに精いっぱいで、家から出たくない。
なのに、空の花に来た翌日の出勤は全然自分の動きが違うんです。見えるから。ケアが見える。
どういうことかって、お客様が何をしたいのか、こうしたいんだな、っていうことが伝わってくる。

ほんとうはずっとそれをやりたかったのに、真逆の、支配して動かなくするケアをしてきた。動かないわけがないのに。だからしんどかったんです。
それが、一日空の花で過ごすことで翌日は気持ちに余裕が出て、お客様の気持ちを汲み取った見守り、支えるケアができるようになっていたんです。それですぐに「空の花」にきた。(笑)

一番最初に空の花で驚いたのは、「トイレ頻回」が一人もいないっていうこと。
これはびっくりしました。
「トイレ頻回」は、それまでの自分の経験から「なにをしたらいいかわからない」っていうときだと思う。
立って歩いくことができるのに、行動にロックをかけられるのは辛い。動いちゃいけないといわれ、やることがない。何をしたらいいかわからないからトイレに行くか、休むか。あとは座ってるしかない。辛いんです。
「空の花」に「トイレ頻回」が一人もいないのは、行動にロックをかけてないっていうこと。

「空の花」にも、もちろん認知症の人がたくさんいらっしゃいますが、なんとなく見様見真似でタオルを畳もうとしたり、誰かの手伝いをしようとしたり、そういうことをいつの間にかやっている。もちろん失敗もあるけれど、何かをやろうとする人に対して誰も止めたりしませんね。当然そういう中ではトラブルが発生しますけれど、それ以前にお客様同士で「こっちいらっしゃいよ」「これ一緒にやりましょう」とか、関わっていこうとする過程があるんです。その過程があった上でのトラブルなら、我々はいくらでも解決や調整のしようがあるんです。

「あんた仕事が遅いからこっちによこしなさい」とか、「あの人は何にもしない!」とか、逆に「今日はなんにもすることがないの?」とかね。よくあります。(笑)
それ自体もう「空の花に来たら何かをする」ってことが前提だからそういう発言が出る。これはとってもいいことです。

自分が思う「空の花のいいところ」は、チャレンジするところだと思います。
こういうふうにお客様が前に向いて、何かADL獲得していこうとか、できないことをなんとかしよう、っていう。とりあえずやってみよう、ってお客様がチャレンジする姿勢に寄り添ってくことができるのがすごい。

自分は今、ちょっと欲張りすぎてるくらいいろんなことに頑張れる状態になっている。
見えてきたいろんなことを形にしていくフェーズにはいってるのかなって思う。
楽しいからどんどんやっちゃう。
そしてこの楽しさをほかの人にも、もっと味わってもらいたいなと思っている。
わたしは現場にいることが面白い。楽しい。落ち着く。
「面白いからやってる」っていうのが、今の本当の気持ち。

今、広いところでリハビリやってみたい!とか思っています。スペース的に限られてるから、広い場所でできるいろんなことがあるから、やったらもっと違うこともできるのにな、とか。
あと、お客様をお連れして旅行も行ってみたい!とか。
楽しいことたくさん思いつきます!」

語りながら笑顔がいっぱい、こちらまで元気をもらえるひとときでした。
スタッフ紹介、シリーズにしていこうと思います!!