個性を活かし、協力すること。2

杉並区のデイサービス「空の花 宮前」は、音楽を軸に自立支援とチーム作りを構築してきました。音楽は入り口に過ぎず、このスタイルで3年が過ぎた現在では、職員の一人ひとりが「自分の得意なこと」を軸にさらにそれらの発展に貢献する姿勢を見せています。例えば最年長職員は自分の長年の経験「狂言」をリハビリに取り入れています。台詞や振りを覚えて気持ち良い声を出すことは、お客様の心身の活性化に大きな力を持っています。それを見た最年少職員が興味を持ち、お客様に披露出来るようにと、終業後に狂言を習い始めました。この日は衣装も着けて実に楽しそうに練習しており、夜のフロアに笑い声が響いていました。
こちらは毎月のお客様誕生会のためのケーキ。お客様にも楽しく作業に取り組んでいただき、共に祝う喜びを感じていただけるよう、毎回工夫して準備しています。また、得意な自分だけでなく誰でも出来るようにと、他の職員にも手順を丁寧に教えている様子も見られます。教えられた職員は「こんな綺麗なケーキはあの人にしか出来ないと思っていたが、自分にもできそうだ」と自信が出てきたようです。
職員の自立は個性を発揮するだけでなく、周りの人にも楽しみや自信を持つことを増やしていきます。プラスの連鎖。これが、空の花の大きな力となっています。

個性を発揮し、協力すること

杉並区のデイサービス「空の花 宮前」は、職員全員が自立支援を強く意識して仕事に取り組んでいます。こちらは新人職員のレクリエーションの様子です。一人ひとりのお客様に目を合わせ、呼びかけながらゲームの真っ最中。まだまだ盛り上がりに欠けているものの、自分なりに考え、工夫して提案しているのが伝わってきます。サポート役の先輩職員が、横から声を出して盛り上がりにひと役買っていました。1人に丸投げせず、力を出し合って場づくりをするのも、大切な支援です。
こちらはフロアや事業所の入り口を飾る花。お客様が母の日にお持ちくださった鉢植えのカーネーションは、一度花が終わってしまいました。しかしその後、花が大好きな職員が丹精込めて世手入れを続け、見事に花が咲き始めました。その職員が休みの日は、他の誰かがお客様と一緒に、枯らさないように水遣りを続けていました。互いのために自分の個性を活かし、互いのために頑張る人を支援する。空の花では、こうしたちょっとしたことからもしっかりと自立支援が根付いていることが感じられます。

互いの交流を大切に


デイサービス空の花では、お客様同士の交流を大切にしています。
この方たちは、活動の合間に互いの体調を労わり声をかけあっておられます。
「あなた今日元気ないけど大丈夫?」
「あにたは?元気なの?」
「暑いから気をつけましょうね」

いつもデイサービスで会う方同士がどのような関係性を持つか。それにより、意欲を持って生活に前向きになることができる力の源にもなり得ます。

それぞれに生活背景も違い、心身の困りごとも違う方同士の出会い。
当然難しいこともあります。
スタッフがそっと様々な仕掛けや促しをしていきますと、始めは難しかった方々も互いに尊重し、自然にあたたかい交流が生まれます。

そんな関係の中で訓練を行うと、励ましたり、成果を褒めあってどんどん良い状態へと変化していかれるのは、驚くほどです。

お客様同士が高め合うことは、空の花のリハビリのひとつの特徴と言えるかもしれません。

あやとりで機能訓練!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デイサービス「空の花」で、この日はあやとりに興じる女性たちがいました。

絡んだあやとり紐をほぐすところから、1人あやとりが自然に始まりました。「これはどうするんだっけ」「あら、こうじゃないかしら」とやり取りするうち、自然と腰が上がり額をつき合わせて…

このお二方はどちらも「歩いて外に出かける」ことを含む目標を持ってリハビリに臨んでおられます。

立ち上がり動作練習も、もちろん毎日していただいていますが…この時は自然に、楽しく立ったり座ったりされていました。

こちらの方は、主に生活動作の中の手順獲得が目標になっている方。あやとりをお勧めしていると、やり方を思い出されて自然に手が動き出しました。

ご自身も楽しさを感じられたようで、ステキな笑顔になられました。

関わり合いの中で、楽しみながら機能訓練が進められるよう、空の花では毎日スタッフが知恵を絞っています。

再会

デイサービス「空の花」に嬉しいご訪問。

長く通所されていて、いったん老健に入所されたお客様が「もう一度『空の花』に行きたい」とおっしゃって、お孫様と訪ねて来てくださいました。

ご利用されていた時は毎回「ここに来ることがわたしの生きがい。幸せ。」と言ってくださっていた。

この日はお出でになってすぐ、見覚えのあるスタッフに「覚えているわ」と声をかけて再会を喜んでくださいました。

久しぶりにも関わらず、お帰りまでお疲れも見せずに笑顔で過ごされました。

ご家族様も「あんまり幸せそうでびっくりしました」と、とても喜んでくださり、今後継続してご利用を再開することになりました。

お客様もご家族も、スタッフも、関わる全ての方が幸せでありますようにという「空の花」の願いが、ひとつ叶ったように思います。