ご帰宅前の過ごし方


デイサービス空の花の、ご帰宅前の過ごし方。ある日は季節を感じるタペストリーの制作をしていました。
手指の巧緻性回復を目指す方、作業への取り組みを刺激し認知症への働きかけが必要な方、交流を深めることで運動への意欲を回復したい方…
それぞれの方の自立支援への促しが含まれています。


カルタ取りをしている日もありました。同じくお一人お一人への促しが含められています。
楽しく過ごしていただく時間の中には、職員からの様々な支援が込められています。

10年ぶりに歩けました


デイサービス空の花、この日は手ぬぐいを使って体操をしていました。いろいろな「被り方」を思い出して、やってみました。鉢巻、姉さん被り、鼻がけなど!やってみるとどんどん使い方を思い出して楽しいものです。
手首や肩、膝の回旋や握りの訓練になるだけでなく、互いに「似合う似合う!」「上手いね」と盛り上がっていました。

この盛り上がりのあと、歩行訓練で、10年間他の施設に通いながら歩行器に頼らずには歩けなかった女性が、何と両手引き介助で歩くことが出来ました。
和気藹々とした中で、挑戦しようという意欲が湧いたこと、痛みをコントロールする促しを行ったあとの、適切な介助で実現したものです。
喜びの笑顔、励ましの拍手がフロアを温かく包んでいました。

交流

デイサービス空の花のレクリエーションは、様々な目的に沿ってスタッフか工夫してご提案します。

この日はリハビリに使うスティックを使ってテーブルの上でボールリレー。

全員で協力しないとボールが落ちてしまいます。
日頃寡黙な方も、あまり会話をしない方同士も、声を掛けながら楽しんでおられます。

一人ひとりの運動機能改善などの訓練は、辛かったり苦しいこともあります。
そこを見守り、励まし、共に乗り換えるためにお仲間との交流は大きな力になります。
空の花ではスタッフが、一人ひとりの個別機能訓練プログラムを組み立てる中に、こうした周囲の方との交流について配慮しながら取り組んでいます。

美しいものに触れる


デイサービス空の花では、お客様が夏に向けて染めを使った作品に取り組んでいます。
じわじわと色が染みていく様子に「綺麗ね」「面白いね」と男女問わず皆さんが興味を持って楽しんでおられます。

様々なリハビリ効果を期待するだけでなく、一番大切にしているのは人と関わる楽しさを感じていただくこと。美しいものを介して、一緒に作る人たちと思いを共感することの喜びを感じていただけるように工夫しています。

音楽の時間も同じです。人との関わりが難しく帰宅願望が強い方も、歌って、語っているうちに楽しくなり、身振り手振りで熱唱。この日は一度も「帰りたい」とおっしゃることがありませんでした。
レクリエーションのひとつひとつが、リハビリテーションそのものです。