空の花スタッフに聞きました〜第4弾

物静かな努力家、お客様からの信頼が厚い
目時孝晃さんです。
 
 
最初はボランティアって感じで
2年前くらいに入りました。夏でした。
もともとは入居型の施設で働いていて、
そこでの職員の人間関係や職員として
求められるものに納得がいかず、
やめてほかの仕事をしていました。
その時いろいろ相談していた先輩から「空の花を見に来てみないか」と誘われました。
 
ほかの人とはものの見方が違う先輩が
「気に入っている」ということは
何かしら理由があるのだろうと思い、
見学に行きました。
 
外から見た雰囲気も良かった。
ボランティアで入ってみたら、
お客様が具合悪そうに来所しても
夕方帰る時には笑顔になって、
もう帰らなくちゃいけないのに
もう少し話したそうな態度で帰っていく。
そんな様子がとても印象的でした。
 
でも仕事をしてみて
「空の花」はお客様対応などに
まだまだスキがある、もっと何かをやらなきゃならないところがあるけど
出来てないこともあると思いました。
この会社も完璧じゃないから、
もしかしたら会社がなくなってしまうことだってあり得るなと思ったんで、一回辞めて
別のやりたいこととして考えていた
プログラミングの勉強をしに行きました。
 
でも、勉強が終わってまだこの会社が残ってたら(笑)、社長にすみませんって謝って
もう一度働かせてもらおうと思いました。
で、再就職した(笑)。
 
今こうやってもう一度働きだしてみたら、
やめる前よりももっとお客様に対してできることをコミットしていかなきゃと思うし、
そうしないと社長も納得してくれないだろうなと思うようになった。
甘えを捨てて取り組もうと思っています。
 
最初のころよりも
お客様との関係が出来てきたことで
「どうしたらもっと『また来たい』と思ってくれるか」
「どうしたらお客様が喜んでくれるか」と
考えるようになった。
知らないことをもっと知りたいとも
思うようになった。
 
社長を見ていると、スタッフになんでも
「いいよ」と言ってくれる人。
でも社長にも何か目標があって
自分にプレッシャーをかけて
自分を追い詰めて仕事をしていく人。
だから、自分が少しでも
社長を楽にできるように
貢献できればいいなと思っているんです。
認められるとかじゃなく、
助けになりたいなと。
同じように周りのスタッフへの貢献も
考えている。まだまだですけどね。
OJTがなくなって(先輩指導がなくなって)自分で考えながら仕事を進めているうちに、全体を見ながら仕事をするっていうことが
大事だと考えるようになりました。
今の施設リーダーの動きを見て
「あ、この人は全部を見て動いているんだな」と感じ、目標にしています。
こういう仕事の仕方ができる人が増えたら、この職場はすごく
良くなるんじゃないかと思う。
 
2年前の自分はもっと
ふわふわしていたなと思います。
でもお客様が「楽しい」と言って帰っていく世界を作ることに
自分が主体的に関わることで、
自分が少し変わってきたのかな。
 
自分は本当は人間に全然興味がないんです。
でも、人と関わることが難しくなって反応が少なくなっている人たちが、
自分が関わることで笑顔になったり、
本来のその人らしさが見えてきたりすると
「素敵だな」「よかった」と思います。
人間性が見える瞬間を探して、
いろいろ試していると
なかなかうまくいかないし、
時間もかかる。でもそれをまた
次に生かすのが面白いと思います。
 
ひとりひとりには生きていく価値があって、
病気や加齢で
「もう生きている価値がない」
なんて言われたら
もう終わりじゃないですか。
でもそうじゃないと思うから。
あれ?
だから「人間に興味ない」っていうことと
違ってますかね。
おかしいですね。なんなんでしょうね。(笑)
 
「空の花」にはこれから
お客様ももっと増えてほしいし、
地域にもっとオープンになって
地域の中のコミュニティとして
みんなが関わって楽しい場所に
していけるんじゃないかと考えています。「デイサービス」というより、
ひとつのコミュニティとして
楽しい場所として発展させたい。
会社の理念を
意識したわけじゃないんですけど
「関わる全ての人が心身ともに豊かな社会を創造する」っていうところだって
言われると、
へぇ、そうなのかなと思う。
 
僕は全然「介護」とか「空の花」にこだわったり、執着しているわけではありません。
どこで働いていても、どんな職業でも
「みんなが気持ちよく楽しく過ごすことができる場所」が増えたらいいと思っています。

和菓子作り

雨の季節、空の花では 職員から紫陽花の和菓子作りへの取り組みの企画が提案され、本日第1回目を行いました。
あんこの周りに、紫陽花を思わせる色彩のゼリーで花の姿を作る、
五感を使って取り組む素敵なプログラムでした。
作る工程を楽しむ方、食べることを楽しむ方…それぞれの方の楽しみ方があるのも興味深いです!
あるお客様に感想を伺ったところ、以下のお言葉をいただきました。
「今日は、よく考えて準備してくれたと感心したのさ。今日だけじゃないよ。あんたたち職員がみんな、いろいろに工夫してくれて嬉しい。私はお世辞は言わないよ。もっとうまく喋れと子どもにも叱られる。口が下手だって。だから嘘でないよ。あんたたちはよくやってくれてるからさ、空の花に来たくない、と思うことは3年間で一度もないよ。」…これは、私たちにとって、宝のようなお言葉でした。
職員一同、お客様の自立支援のために、今後とも努力をしてまいります!

菜の花畑で屋外歩行

デイサービス空の花にも春が訪れています。

この日は近くの菜の花畑まで屋外歩行訓練に出かけました。

歩行が困難に方もいつもより長い距離を歩くことが出来ました。

個別機能訓練の目標が他者との交流であったり、会話やコミュニケーションを増やすことにある方も、訪れた地域の方との触れ合いがたくさんありました。

皆さまのお顔が明るく会話もたくさん。この後も、職員が代わる代わる 季節にちなんだ機能訓練の工夫を企画しています。

楽しく身体を動かす


デイサービスの集団体操は、座って行うイメージがありますが、空の花は自由です。

場面場面で、立って行う方もおられます。
それぞれの身体の状態により、自由に使えるところを使っていきます。
気分が乗らなかった方も、こうした周囲の方の様子を見て、ひょっと立ってくださることもあります。

出来ることにどんどんチャレンジしていく、それが毎日を楽しくし、心身の回復に繋がる空の花のスタイルです。

回復しない。そうだったかなぁ


2枚の写真の違いがおわかりになるでしょうか。
わずかですが膝の位置の高さがある変わっています。
麻痺足のリハビリを続けている方ですが、ご自身で膝の上げ下げが出来るようになっています。

デイサービス空の花を利用する前は、医療期間やリハビリ施設から「これ以上は回復しない」とされていました。今、それを聞くと「そうだったかなあ。覚えてないよ」とおっしゃっています。
今は日々、握力が回復していき、両脚に力を入れて歩行をする感じを確かめながらリハビリに取り組んでおられます。

言葉も周囲の者が理解できるように話すことが困難でしたが、今はケアマネさんが「空の花のことになると、驚くほど饒舌に語り始める」とおっしゃるほどです。

当初は週に一度のご利用でしたが、次第に日数を増やされ、今は週のほとんどを空の花で過ごされています。

自らの力で改善の道を

デイサービス空の花では、お客様のお世話をするというよりも お客様が自らの力を発揮し 心身の改善の道を歩むことをお手伝いします。

上の写真の男性はご自身のリハビリプログラムを、ご自分のタイミングでしっかりと実施されています。私たち職員は安全を見守り、励まし、記録をとっています。

気をつけて行っていることは、快活で男気のあるこの方が、その性格を活かしてリハビリを楽しく続けられる環境作りです。
初めてお会いした時はどちらかというと気難しい印象だったのですが、歌謡曲好きとわかり同じ趣味を持った方が多い曜日に変更することで来所を楽しまれ、明るい性格が表出しぐんぐん体調が整うようになりました。

下の写真の男性は歩行状態がしっかりしていますが道に迷うことが多く、出かけると帰宅できなくなることでお困りでした。

屋外歩行訓練では、何処を歩くかご本人と相談しながら決めています。時間的なことや、その日のコンディションなどを伝えながら何処を回るか決めていただきます。

先日ご家族様から、外出先で迷うことがほとんどなくなり、リハビリの効果を実感しておられるとのご連絡をいただきました。

私たちが気をつけているのは、散歩や作業全ての場面で周囲との関わりを増やすと同時に、ご自身で考えて行動することを促すことです。どうしますか、とお聞きすると、そうか、こうしようかな、と楽しそうに応える関西弁が印象的です。

空の花の職員の役割は、徹底して意欲を引き出し、ご自身の持っている改善の力を発揮できる環境を整えることと考えています。

これ、実は職員にとってもまさに「脳トレ」。様々な知識と経験をどう活かすか、互いに情報交換をしながら知恵を駆使して工夫をしています!

再会

デイサービス「空の花」に嬉しいご訪問。

長く通所されていて、いったん老健に入所されたお客様が「もう一度『空の花』に行きたい」とおっしゃって、お孫様と訪ねて来てくださいました。

ご利用されていた時は毎回「ここに来ることがわたしの生きがい。幸せ。」と言ってくださっていた。

この日はお出でになってすぐ、見覚えのあるスタッフに「覚えているわ」と声をかけて再会を喜んでくださいました。

久しぶりにも関わらず、お帰りまでお疲れも見せずに笑顔で過ごされました。

ご家族様も「あんまり幸せそうでびっくりしました」と、とても喜んでくださり、今後継続してご利用を再開することになりました。

お客様もご家族も、スタッフも、関わる全ての方が幸せでありますようにという「空の花」の願いが、ひとつ叶ったように思います。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !