理念・方針

会社理念

全ての人々が心身ともに豊かで居られる世界を創造する
理念達成方針・・・お互い尊重し合い、認め合い、理解し合う

空の花の目的と方針

「空の花」の目的・・・『心を満たす』 お客様だけでなくご家族様、ケアマネージャー様、そして職員の心を満たす。

「空の花」の方針・・・『介護=自立支援』 介護とは自立支援であり、リ・ハビリテーション(人として相応しい状態に戻す)であるという考えに基づいた働きかけを行う。

「空の花」の目的・方針を達成するために基本となる職員の考え方とは
①全ての物事には原因があると考え、『なぜ』を探求する。
②失敗は成功の最大の糧。目的・方針(=リ・ハビリテーション)のためには、恐れずチャレンジする。
③SPDCAサイクルに則って物事を進める。
④会社の理念・目的・方針に則った自身の目標を持ち、計画、実行する。またこれを社内に開示し、他己評価を受けることとする。
⑤相互理解と協力の努力は、お客様との間に限らず職員間でも心がける。

CEO 佐藤弘幸

CEO

プロフィール


株式会社 日本リードケア代表取締役 日本訪問美容サービス 責任者 ポテンシャル介護プランナー
1978年生まれ、愛知県出身。
21歳で上京後、法律を学ぶ傍ら強烈な対人恐怖症に悩み、独学で心理学を研究。接客業や営業に携わることでこれを克服し、その後不動産業、経営コンサルタントなどを手掛ける。
2011年の訪問美容サービスFC本部立ち上げと同時に株式会社「介護コネクション」代表取締役の奥平幹也氏に出会う。 奥平氏に啓蒙を受け、介護業界への進出を決意。
「すばらしい人々が心身ともに豊かでいられる世界を創造する」ことを理念に掲げ、自らの経験から、心の声を聴き心を満たすサービスを提供するケアの実践を軸に2014年デイサービス「空の花 高井戸」設立。
2015年理学療法士森惣次郎氏(現・一般社団法人「変わる!介護」代表)、小川順也氏(同理事)と提携し、自立支援の取り組みを強化する。
2016年音楽プロデューサー後藤京子(「音楽の花束」代表)を副社長に招くことで組織運営及び人事、他職種連携を強化。
2018年杉並区宮前に事業所を拡充。
2019年に松庵に事務所を新設し、事業所を宮前に統合。 現在は独自の自立サポートシステムの開発、家族介護支援の「ポテンシャル介護プロジェクト」など、多角的な事業展開をしている。

メッセージ


こんにちは。株式会社日本リードケアのCEO佐藤弘幸です。 皆様は、こんな事を思った事はありませんか?
『この世界には素晴らしい志を持ち能力を持つ方々が無数におられる。 何故そのうちの多くの方々が、その能力をもって幸せになれないのか?』
この世界には様々な困難があります。 その中で、人々のためになる力を持つ、素晴らしい方々が、普通に幸せになる事ができる世界はどうすれば創れるのだろう。 私はそれを考え続けてきました。
そもそも、人が「幸せ」を感じるのはどのような状態の時なのでしょうか。 それを考えつくした先に、私は『心を満たす』ということに辿り着きました。
『心を満たす』ための必要条件を突き詰めた結果、『相互理解の上に成り立つ、相互自立支援』という考えに至りました。
こうして人と人とが互いに幸せを創りだすことを考えつくし、産み出したのが「株式会社日本リードケア」であり、私の理念達成の最小単位としての「デイサービス 空の花」を、まさに今、関わる皆様とともに創り上げているのです。